×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


珍・学園無双外伝


[オンナノコの日/1]






「ぐっ、うぅ…………」



本日、晴天。



爽やかな日射しとは裏腹に、部屋の中では重苦しい声が上がる。

けだるそうに、のそりとベッドから体を起こしたのは、

彼女はまだ完璧に目が覚めていないのか、眉を寄せながら部屋を見回した。



「っつ………イテテ」



と、急にお腹を抑えて更に眉を寄せる。

その痛みに一つ心当たりがあったので、毛布を捲り上げてみると、やはりシーツは赤く染まっていた。



「っくぅ。マジかよ…………チッ」



ハアァと溜め息を吐き、今起こっている現状に舌打ちをしつつ、彼女は携帯電話を手に取った。










「お〜っす!孟起!」

「オッス!」

「おう」



登校チャイムぎりぎりに教室に入って来たのは馬超。

それにいち早く気付いた孫策がニカッと笑って声をかけ、一緒に居た典韋もそれに続いた。

馬超はそれを仏頂面(本人は別にそんなつもりはない)で返す。



「…………………………」



馬超がふと辺りを見回す。



「ん?何だ〜どした〜?」

「孟起、どうした?」



その馬超の行動に、孫策・典韋はなんだ?と互いに顔を見合わせる。



「………はどうした?」

?あ〜そういや今日はまだ来てね〜な〜」

「風邪でも引いたんじゃねぇか?」



馬超の言葉で『あぁの事か』と納得がいった二人は、連絡は来てないと首を振った。



「メールも来てないのか?」

「電話もメールも来てないぜ〜」

「つーかお前か子龍辺りに連絡するんじゃねぇか?」



典韋が暗に『が休む時、教員以外に連絡する人間は馬超か趙雲ではないか?』と言った事に対し、馬超はちょっぴり嬉しかったのか、口の端を上げる。

だがしかし、と携帯をチェックしてみるが、メールどころか着信履歴も何もない。



「………とすれば子龍の方か?」



顎に手を当てて床を見つめながら、なんとなく核心を持つ。



「ん?どこ行くんだ〜?」

「二学年に行って来る」

「あぁ?出席どうすんだ!?」

「トイレに行ったとでも言っといてくれ」



孫策と典韋にそれだけ言い残すと、馬超はずかずかと教室を出て行った。










から何かメールは来たか?」

「いや?」

「ならば電話は?」



趙雲にメールを送り、二学年の教室近くのトイレに呼び出し、早速問いつめる馬超。

いきなり質問攻めにあった趙雲は、馬超の原因不明な行動に首を傾げつつ質問に答えていたが、彼の深刻そうな表情を読み取ったのか、逆に質問する。



「来ていないが………どうしたんだ?」

がまだ教室に来ていない」

「……………何?」

「誰かに連絡がいっていると思ったんだが……俺にも伯符にも典にも来ていない」

「っ!?どういう事だ!!」



の話だと分かると、急に趙雲の顔色が豹変した。

それまではいつもの冷静沈着な男前(コレ重要)趙雲が、たったそれだけで。



「私がついていながら………何と言う事だ!」

「ちょっ……子龍落ち着け」



興奮し出す趙雲に、内心少し引きながら宥める馬超。



「くっ……これが落ち着いていられるか!!誰だ、誰がをさらった!?」

「なんで拉致されてるのが前提なんだ?」



いい加減ウザくなったのか、馬超が溜め息をつく。



「取りあえず本当マジ落ち着け。そんな状態のお前を見て、はどう思う?」

「?っ!?………………す、済まない」



ようやく趙雲が我に帰り、落ち着きを取り戻す。

それを機に、馬超が趙雲の『は拉致された』の誤解を解く為に、口を開いた。



「いいか?まず言っておくが拉致じゃない。お前最近妄想酷いぞ」

「あ、あぁ……済まない」



ズバリ痛い所を一突きされて、趙雲は苦笑いする。



「それと、こんな所で興奮するな」

「あぁ……」



馬超が『男子トイレで大声出すな。教員に気付かれる』と遠回しに言うと、趙雲はすぐに声を潜める。



「まぁ、俺もクラスの奴等に聞いてみる。だからお前も……」

「あぁ。私も色々と探ってみよう」

「頼むぞ?」

「孟起も宜しく」



互いに『じゃあまた後で』と視線を交わすと、趙雲は二学年の教室へ。

馬超は趙雲が教室に入るのを見送って、一学年の教室へと戻って行った。