×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ピンポーン!


…………………………………。


ピーンポーン!!


…………………………………。

…………………………………。

…………………………………。



ピピピピピピピピピーーーンピピピーンポンッ!!!



「だーーーーー!!分かってるっつーの!!!!!!!」







珍・学園無双外伝


[私達の関係]






週休二日制の内の、日曜日。

もちろん、学園も休みである。



10:30頃に鳴った目覚ましを止め、今日は暇だからどこに行こうかな?と考えていたにとって、これほど最悪な休日はなかった。

ベッドから起き上がり、窓の外を見ると、雨。

しかも、極論が心情な彼女の心にそったのか、土砂降りだった。



雨は、嫌いではない。

むしろ、暑い季節には、大歓迎である。

涼しくなるし、また少しセンチな気分にさせてくれる。



しかし。

センチ所か、外はまるでバケツをひっくり返したように、ドシャ降っていた。

こういう日は、殊更何もする気にはなれない。



面倒臭い。

ダルい。

外に出るのも嫌。



これらは全て、『何もやる気が起きない』というカテゴリに、分類される。



『折角の日曜なのに』と落胆しつつ、歯磨きをして顔を洗い、パジャマ替わりに使っているハーフパンツと、いつか友達の外国土産でもらったTシャツを脱ぐ。

そして、適当な部屋着に着替えると、この寮に入る際、両親に追加で送ってもらったパソコンを、立ち上げた。

立ち上がるまで暇だったので、洗面所へ行き、髪を梳く。



昨夜、風呂に入った際、余りの眠気に髪を乾かさず寝てしまった為、若干ムカつく寝癖があったりしたが、それは『今日は日曜日、誰とも会わない』と自分に暗示をかけて、見なかった事にした。

しかし、寝癖とはやはり気になるもので。

一通り、造反を起こした寝癖達を鎮圧した後、さらりと流れ落ちて来るサイドをヘアピンで止め、後ろは邪魔にならないよう、軽く括る。

それを終え、洗面所を出ると、パソコンは立ち上がっていたようで、モニターからは、長時間見っぱなしならば目をヤッてしまいそうな光が出ていた。



は、いそいそと椅子に腰をかけ、早速とばかりにInternet ○xplorer を開く。

そして、一人にも関わらず、満面の笑みを作ってサーフィンを開始した。



すると、それを邪魔するように、ベッドの頭元に置いてあった携帯が、盛大な音を立てて着信する。

それにビクッ!と反応しながら、音量を最大にしておいた、と自分に苦笑を漏らしながら、折り畳み式のそれをかぱと開けた。

メールボックスを開くと、見慣れた名前。



そこには、『馬ッチ』と送信者の名が表示され、件名には『暇なお前へ』という、何とも彼らしいもの。

内容も、やはり彼らしく、『暇なら付き合え』という一言のみ。

それにブブッと吹き出しながら、は『どこに?』と返信した。



暫くすると、返事が返って来る。

この雨に何所へ付き合えと言うのだろう?と、考えながらボックスを開けると、『どこでも』という、何とも適当なものだった。

以下は、それから約15分程続いた、彼女達のやり取りである。



『どこでもって………(;^_^A』

『何所へ行きたい?』

『いや……つーかこの雨の中、どこ行くっての?』

『何所でも良い』

『会話になってないよ(笑)』



それから先、彼からの返事はなかった。

首を傾げながら『どしたんだろ?』と思いつつ、はネットサーフィンを楽しむ。

そして、彼とのメールが終了して5分経ったぐらいに、冒頭のチャイム連打に戻る。



その時、はトイレに入っていたので、慌てていた。

一回目、二回目と続く内、『とっとと出ないと!』とテンパっていると、最後の連打になった。

連打の主は、何となく分かっていた。

こんな子供染みた事をする者は、彼女の知っている人間の中で、一人しかいないから。



「………………………よう」

「ガキみたいな事すんな!ピンポンダッシュかあんたは!!」

「トイレか?」

「一発で当てた事は、褒めてあげる。嬉しくないけど」



オートロック機能の付いた扉を開けると、そこには先程までメールをしていた馬超。

彼は、一度のチャイムで出なかったが、『トイレに入っている』と瞬時に判断したのか、顔色を変える事なく言った。

それに『そうさ正解おめでとう』と返しながらも、はリラックスタイムを邪魔されて、顔を引き攣らせている。



「大か?」

「失せろ変態!!」

「冗談だろう?お前はすぐに怒るな」

「普通、女の子に『大か?』とか聞く?」

「だから冗談だ」

「変人!変態!!ノットデリカシー男め!!!」



とんでもない質問をされ、面喰らったが、恥ずかしさの余り声を荒げる。

しかし馬超は、本当に冗談だったらしく、平然としていた。

それどころか、ギャーギャー煩い彼女の肩を押して、自然に部屋の中へ侵入する。



「馬ッチ!!聞いてんの!?」

「聞いてるキイテル」

「片言の辺りが、いかにも『聞いてません』な感じなんだよ!!馬鹿にすんな、この……」

「なんだ、何もないのか……」

「話を聞け!!!馬鹿男!!!!」



馬鹿にされた、と更に声デカく叫ぶが、彼は冷蔵庫を勝手に開けて(兄的冷蔵庫チェック・もちろん趙雲もさり気なくやる)、サイドに入っていたの大好きなアクエ○アスを取り出す。

それに、背中をバチバチ叩いて抗議すると、彼は蓋を開けて飲み出した。



「あーーーー!!!それ新しいやつなのに………」

「何だ?空いているのがあったのか?」

「……………もういい」

「お前はすぐに拗ねるな」

「黙れ!あんたは嫁いびりする姑かよ!?
 ホコリとか溜まってたら、指で拭って『○○さん、埃が……』とか言う奴か!?
 こんの………」

「分かったから、取り敢えず落ち着け」



余りにも、太々し過ぎる。

なのでは、キー!と、『姑』の真似を華麗に披露しながら、ヒステリックに喚いた。

もちろん、馬超はムカつくぐらい冷静に、彼女の背を擦って落ち着かせる。



「落ち着け、また俺が買って来てやるから」

「阿呆か!!!下の自販機行けば、いくらでも買えるわい!!!」

「ほれ、ゆっくり息吸って、ゆっくり吐いてみろ」

「普通に深呼吸しろって言えよ!!」



馬鹿全開で、テンション上がりまくりな彼女。

それを、どうにか落ち着かせようと思案した彼は、ニヤッと笑った。

そして。



「……………………何の真似?」

「落ち着くように、だ」



馬超はの正面に立ち、彼女を抱きしめた。

いくらの身長が高いと言っても、彼は186cmある。

なのでは、丁度彼の鎖骨に、額を付ける形になった。



「あのさぁ………………」

「何だ?」

「それって、馬ッチが落ち着くんじゃない?」

「おう」

「おうって……」

「俺もお前も」

「落ち着くっていうか……」



時折こうして、甘ったれたようにスキンシップをしてくる彼は、普段の不敵さからのギャップもあるのか、酷く可愛く見える。

なので、は苦笑を漏らした。

馬超は、ゆっくりと彼女の首に、顔を埋める。



彼の息がかかり、くすぐったかった。

内心『甘ったれめ』と笑いながら、背をゆるりと擦ってやる。

そういえば子龍兄も、時たま、これと似たような事をして来るなぁ、と考えながら。



「まぁ、あたしも落ち着くっちゃ落ち着くけどさ」

「だろう?」

「馬ッチ、それ……………ふんぞり返って言う台詞じゃないから」

「揚げ足取るな」

「その言葉、チミにそっくりお返し致しますわん!」



無意識に、この普段は甘えた態度を、見せる事のない彼に、口元が弛んでいた。

笑いに堪え切れなくなって、嫌でも肩が震える。

彼はそれに気付いたようで、顔を上げた。



「…………何だ?」

「馬ッチの甘ったれ」

「…………………」

「あはは、誰にも言わないよ」



じとっと睨まれたので、そう返す。

だが、彼の目は『そういう事じゃない』と言っていた。

『じゃあどういう事?』と、視線で返す。



「美しい兄妹の、美しいスキンシップ〜!」

「張先生の真似か?」

「あ、バレちゃった?」

「安心しろ、チクっておいてやる」

「うぇ!?冗談でしょ!?!??」

「俺はいつでも、本気だぞ?」

「勘弁してよーーー!」



が笑いながら身を離すと、馬超は少し名残惜しそうな顔をした。

けれど、彼がそれを口に出す事はなかった。

変わりに、彼女の手を取り、優しく握りしめる。



「何?手ぇ繋ぎたいお年頃?」

「お前は…………」

「ん、何?」



空気の欠片も読めないのか、彼女は首を傾げて笑っている。

そして、馬超もそれ以上言う事はせず、小さく苦笑を漏らすと、「行くぞ」と言った。



「だから、何所行くの?」

「どこでも」

「適当?」

「あぁ」



適当に、と聞いて、は一つだけ、行きたい場所があったと思い出した。

なので、彼女は口元に指を添えながら、ニッと笑う。



「じゃあ、あたし………行きたい所あるんだけど、良い?」

「あるなら最初に言え」

「ほほ、失礼。遠慮出来る女なんで」

「支度は?」

「なら、ロビーで待っててくれる?」

「分かった」



するりと手を離し、馬超は玄関へと向かう。

それを見ながらは、あ、そうだ、と彼を呼び止めた。



「何だ?」

「他に面子いるの?」

「いや?誰も誘ってない」

「そう」

「………………………………二人は嫌か?」

「ううん、全然。んじゃ、ロビーで」

「おう」



馬超は靴を、はパソコンの電源を切りながら、話す。

やがてパタン、と扉が閉まる音が聞こえて、彼女は音の方向を見遣った。

そこにはもう、彼の姿はない。



「………………着替えるか」



突然決まったお出かけに、部屋着を脱ぎながらも、の表情に面倒臭さや不満さは、微塵も感じられなかった。

普段、面倒くさがりな自分なだけに、自身で『意外な一面を見た』と思う。



多分。



それは、きっと馬超だから。

もちろん、相手が趙雲だとしても、嫌とも思わないだろう。

それはきっと、彼等だから。



近くて遠い、絶妙な距離だから。










急なお誘い

急なお出かけ

でも 私はそれが好き



近すぎず

遠すぎず

それは とても良い意味で



そして それが…………………



私達の関係