×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


珍・学園無双〜外伝〜

〜 雨の日と月曜日は・1 〜






ここ、無双学園には月一のイベントとして『誕生会』と言うのがある。

それは名前の通り、その月の誕生者を祝う会なのだが、今月は丁度の誕生日でもあった。

イベントものはオリエンテーションの中に含まれるので、前の週の金曜日に結構されたのだが、その三日後……今日は本人の誕生日だった。



この歳でバースデープレゼントがもらえるはずもなく、親からはただ「おめでとう」と書かれたメールが届く。

受信履歴は今朝6:00頃。

それを朝イチで見てクスリと笑いながら、彼女は身支度を整えて学園へ向かった。










「ふあ〜!ねみー」

「眠そうな声を出すな」

「んあぁ?」



まったりペースで歩きながら廊下を歩いていると、後ろから馬超が彼女の頭をポンと叩く。



「あぁ馬ッチか。おはよ〜」

「?馬ッチか″って何だ。失礼な………」

「うっせ〜グリグリすんな!」



その挨拶に顔を顰めながら、馬超は彼女の頭をグリグリし出す。

それを手でペチッと払いながら、は大欠伸をした。

ふと何かを思いだしたのか、馬超が払われた手をひらりと振りながら、彼女の顔を覗き込んだ。



「そういえば…。お前今月誕生日だったよな?」

「うん、そーだよ〜ん」

「何日だ?」

「今日だけど〜?」

「何っ!?」



今日と言うのを始めて知ったのか、彼は驚愕する。

そして「む」と言ったきり、何かを考え込んでしまった。



「……どしたの?」

「いや、なんでも……」



それだけ言うと、彼は「先に行く」とだけ呟いて教室へと走って行った。



「なんだろ……?」



そんな彼の背を見つめ不審に思いながらも、はマイペースに教室へと向かった。










「飲みだ、飲み飲み!!」

「何言ってんだ〜?カラオケに決まってんだろ〜?」

「おい!」



が教室へ入ると、典韋と孫策が何やら騒いでいた。

それを、彼女が入って来たのを見つけた馬超が止める。



「何ナニ?どしたの?」

「お前には関係……」

「それがよ〜。孟起が『の為に誕生会やる』ってんだぜ〜?」

も女冥利につきるよな!」



楽しそうな三人に笑顔で近付いたに馬超が関係ない、と言おうとするが、孫策・典韋がそれに気付かず内容を暴露する。



「え、マジ〜?」

「指揮は孟起が取るって言ってたぜ〜」

「楽しみにしてろよな!」

「お前等っ……!!」



それにがキャッとお得意のポーズを取って喜ぶと、二人は更に暴露し出し馬超が舌打ちをした。



「ありがと〜馬ッチ!」

「おう」



に満面の笑顔で礼を言われると、馬超はバラされたのが面白くなかったのだがすぐに機嫌を直し、少し照れくさそうにそう返した。



さ〜ん!」

「ん?伯約に伯言じゃん。どした〜?」



バタバタと走って来たのは姜維と陸遜。

美少年×2+白い歯で、爽やかさ二倍。

そんな二人の周りは十代なピチピチオーラのおかげか、キラキラ・ティカティカと輝いていた。



さん!確か今日がお誕生日ですよね?」



そう聞いてきたのは姜維。

人なつこい笑みを向けて、ニッコリと笑っている。



「誕生日だけど……どした?」

「はい!宜しければ誕生会を開きたいと思いまして……」



が不思議そうに二人を見つめていると、姜維に続き陸遜が言葉を繋いだ。



「え!?伯達まで?」

「え?」

「私達まで、ですか?」



姜維・陸遜にまで祝ってもらえると思って言った言葉に、二人が反応する。

当の二人は自分達が一番乗り、と考えていたのか、首を傾げた。



「俺達が先だ」

「あ、馬殿」

「済みません、気付きませんでした…」



その考えが読めたのか馬超が突っ込みを入れると、二人は「今あなたの存在に気がつきました」と言う顔で彼を見つめた。



「……………」

「……………」

「……………」



ふと見えない闘志がこの三人を包む。



「あ…………じゃあさ。皆であたしの事祝ってよ!」



馬超vs姜維・陸遜の微妙な雰囲気に、典韋と孫策は「何だ?」という顔をしていたが、それに気付いたが機転を利かせる。



「三人とも、駄目かな?」

「む……?」

「え?は、はい……」

「……分かりました」



鶴の一声!

結局睨み合っていた三人は、納得のいかない表情で頷いた。



「じゃあ時間、どうしよっか?」

「そうですね……」

「あ、子龍兄」



の背後からコッソリと忍び寄って、いつも通りの登場をしたのは趙雲。

その登場の仕方にも慣れたのか、彼女は驚きもせずに笑顔を作る。



「え、子龍兄も祝ってくれるの?」

「何言ってるんですか。当たり前でしょう?」

「えへへ〜!ありがと子龍兄!」

「ふふ、どういたしまして」



兄貴分の腕に手を絡めながら、仲良し組み+二伯+趙雲の参戦に笑顔が絶えないだった。