×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


珍・学園無双〜外伝〜

 〜 PU RI KU RA・6 〜






先程に笑われた典韋は、笑われて悔しかったのか、ムキになって踊り狂っていた。

それに対して暫くと趙雲は大爆笑だったが、ふと孫策と大喬が達に近寄って来た。



「お〜!典踊り狂ってんな〜!」

「豪快ですね!」



大喬が典韋の踊りと言えない踊りを見て、声を潜めてクスッと笑う。

孫策は豪快なもので、「イケてねぇぜ典〜!」とギャハハと笑っていた。

孫・大の二人はそれを見て腹を抱えていたが、と趙雲はだんだん見飽きたのか、が趙雲にコソッと耳打ちをする。



「ねぇ子龍兄」

「どうしました?」

「今日の記念にプリクラ撮らない?」

「っ…………」



プリクラと聞いただけで、何故か趙雲の表情は一気に曇った。

それに何か気に触る事でも言っただろうかと、が眉を顰めて首を傾げる。



「どしたの、子龍兄?」

「いや……何でもないですよ……」



何でもないワケがない、と彼の顔を見ては思った。

いつもなら、『良い』と思えば笑顔で了承する趙雲だが、今は表情は曇ったままで言葉も歯切れが悪い。



「行って来いや?」



と趙雲がお互いに黙りこくっていると、踊っている典韋がこちらを振り返りもせずに、そう呟いた。



「典………?」

「可愛い妹が誘ってんだぞ?兄貴として行くっきゃねぇよな?」



ちらりと肩ごしに趙雲と目を合わせた典韋は、『はお前を心配してんだ』と言いたげに彼を見つめる。



「……そうですね。折角だし、撮りましょうか」

「………いいの?」

「えぇ」

典韋の優しい心遣いと、の自分を思ってくれる気持ち。

それに動かされ、趙雲は彼女にニコリと微笑んだ。










「フレームどれにしよっか〜?」

「これなんか可愛らしいのではないでしょうか?」

「え〜!何か意外〜!」



プリクラコーナーへ入った二人は、早速コインを投入してフレーム選びを始める。

が迷っていると、趙雲は彼女が好きそうなフレームを指差した。

それが意外だったのか、が楽しそうに歓声を上げる。



「子龍兄はコレとか好きそう!」

「それですか?ふふ、さすがはですね。分かっています」



は逆に、趙雲の好きそうなフレームを選び、彼はそれに笑みをもらしながら、二種類のフレームを選択した。



「ねぇ、子龍兄………」

「?」

「プリクラ……嫌い?」

「……………」



ふいにおずおずとしながらが振った話題に、趙雲は返事が出来なかった。



「やっぱ……苦手なんだ………」

「………すまない」



彼の沈黙を肯定の意で受けたは、少ししょぼくれながら俯く。

そんな彼女に、趙雲は謝る事しか出来ない。



「やめよっか」

「えっ………?」

「嫌な事させたくないしさ……。それにプリクラで何か嫌な事があったんでしょ?」

「………………………隠せないな」

「え?」



趙雲を気遣って寂しげに笑った

それを見てしまった趙雲は、参ったとばかりに苦笑した。



には隠し事が出来ないのだな、と」

「…………別に……無理には聞かないし」

「今はそうしてくれると助かる」

「でも…心配してるってのは分かっ……」

「分かっていますよ」



ふと泣きそうになった彼女の頬を、趙雲の大きな両の掌が包み込む。

そして自分の額を彼女の額にコツンと当てて、瞳を閉じる。

はその行動に驚いたが、趙雲は変わらず目を閉じたまま、口元に笑みを浮かべた。



「今は言いません。ですが時期が来たら………必ず」

「………うん」



は、自分の頬を包んでいる趙雲の手に手を重ね、目に薄らと涙を浮かべて微笑んだ。










「綺麗に取れたかな?」

「きっと綺麗ですよ」

「えへへ〜!」



それから趙雲は、の涙を拭いてやり、寄り添う様にプリクラを撮った。

制限時間付きの落書きを済ませて、外に出る。

出て来るのを今か今かと待っているに苦笑しながら、趙雲は彼女を見つめる。



「わっ!出て来たよ!」

「どれどれ………」



嬉しそうに取り出して、出て来たそれを見てみると、何故か趙雲の胸は苦しくなった。

あの日と全く同じ様に笑った自分。

そして、あの少女と全く同じ笑い方をする女性。



「?どした〜?」



儚げに笑う趙雲を気にして、が首を傾げる。



「いや………」

「一人じゃ………ないよ?」



ポツリと呟いた彼女の言葉。

たったそれだけの一言が、趙雲の胸に暖かく染み込んだ。

ふいに鼻の奥がツンとして、涙が溢れそうになる。

はそれに気付いたのだが、わざと見ない様に顔を逸らした。



「元気に……なってほしかった」

「えぇ。もう大丈夫です。ありがとう……

「典ちゃんも孫君も……心配してるんだからね……」

「えぇ、私は……幸せものですね」



微笑した趙雲に、も笑顔になりながら、プリクラをハサミで切った。

切り終わると、片割れを趙雲に渡した。



「これ、記念だからずっと忘れないで持っててね?」

「えぇ。あなたも……ずっと持っていて下さいね?」

「うん。これでいつも一緒だね!」



ふと、趙雲は以前にもこんな会話があった様な気がした。

いつどこで?そんな事は分かっていた。

趙雲は、その会話を懐かしむ様に、同じ台詞・同じ笑顔で見上げてくる女性に笑いかける。






「私達はずっと一緒ですよ……






もう二度と 失いたくはない

幸せだった あの日々を

そして この幸せな一時を



今も夢に見るあなたと すぐ傍で微笑む私の妹

似ても似つかない けれど…………

あなたもあの時 彼女のように 笑っていましたね