×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


珍・学園無双〜外伝〜


〜似たもの同士・1〜






その日は土曜日で学園は休日、そして天気も機嫌が良かったのか快晴だった。

空を見上げれば雲一つなく、この世界を照らしている。

そしてこの学園を囲んでいる木々からは、小鳥達が互いに挨拶をする様に、ピチチとさえずっていた。










「う〜ん!良い天気ぃ〜!」



今し方起きたのか、目を擦りながら、起床したのは

ちなみに、朝一番の爽やかそうな目覚めだが、時間はとうに昼を回っていた。

はベッドから起き上がると軽く伸びをする。

そして立ち上がると、クシャクシャになった寝癖を直しながら、窓を開けた。



「気持ち良い〜!何か今日良い事あるかも………」



天気も良いし目覚めもバッチリな彼女からすれば、こんなに良い日はきっと何か良い事があるかもしれない、とワクワクだ。

しかし彼女は知らなかった。

これから自分の身に降り掛かるであろう、悪夢の様な出来事を…………。










今日は休日だが、以外な事にには誰からも、お誘いの声がかからなかった。

いつもならまっ先に馬超やら趙雲らを筆頭に「遊びに行くから付いて来い」「映画でも行かないか?」など、有無を言わさぬ誘いの嵐なのだが、幸か不幸か今日は二人とも用事があったらしい。


馬超は確か、車の免許の更新。

趙雲は実家から『たまには帰って来い』コールが来たと、言っていた。



そしてその後に続く、親衛隊の姜維と陸遜。

彼等は今日は部活動の試合がある、と言って済まなそうにしていた。

別にが何を言ったわけでもないのだが……。



そして大喬と小喬。

大喬は久しぶりに孫策とデートが出来ると、それは嬉しそうに笑っていた。

小喬は「お姉ちゃん良いなぁ〜!」と言いながら、自分もちゃっかり孫尚香との約束を取り付けていた。



典韋は「わしぁ一日中寝てらぁ!」と言っていたので、きっと今は爆睡中だろう。

孫権は孫権で、本当はと一緒にどこかへ遊びに行こうとしていたのだが、周泰に捕まったらしい。

「男同士語らう為に、釣りにでも行って来る」と言っていた。



そして他の面子もそれぞれに私用があったらしく、この日は一人で過ごす事になった、というワケだ。










「あ〜あ、ヒマだなぁ………」



再度伸びをして、ポツリと呟く。

段々と空を見上げるのが飽きたのか、今度はベランダに出て手摺にもたれながら、階下を見下ろした。



余談だが、の部屋は211号室。

この寮自体、四階までしかないので、見下ろすという程でもないが………。



休日と言えば、誰かから必ず誘われて付いて行く事が当たり前になっていた故に、一人休日を過ごすというのは、何故か寂しい。

そんなポ〜ッとしているの視界に、ふと階下を歩く、一人の男の後ろ姿が目に入った。



「あ………あの人確か………」



はその男に見覚えがあった。

長い黒髪を風に靡かせながら、その男は寮を出て学園に向かって歩いている。



「15点の人……だっけ?」



その後ろ姿を見ながら、が首を傾げて呟いていると、ふいに『15点の君』司馬懿本人がこちらに振り向いた。



「え………」

「何を見ている!?」



聞こえたの!?と一瞬焦っただったが、そうでもなかったらしい。

多分、司馬懿はの視線を感じたらしく、二階()を見上げながら、そのキツめの瞳で睨んできた。

ちなみに2階と1階なのだが、少し距離があるので、大声だ。



「あっと……おはようございま〜す!」

「そんな事を聞いているのではない、馬鹿めが!!」



取りあえず元気に挨拶をするが、司馬懿は見られていたのが面白くなかったのか、いきなりお得意の台詞を吐いた。



「じゃあ何を聞いてんですかー?」

「馬鹿めが!馬鹿めがぁ!!二度も言わせるでない!何を見ているのかと聞いたのだ、馬鹿めが!!!」

「バカバカ言ってると、友達無くしますよ〜?」

「っ……この………馬鹿めがぁ!!」

「司馬さん怒りっぽいんですねー?」



全く自分の質問に答えようとしないに、司馬懿は怒り爆発寸前だ。

拳をプルプルと握りしめて、今にもビームを発射しそうな勢いである。

しかし、ふとその怒りはいきなり納まった。

フッと息を吐いていたかと思うと、急に口元に手を当てて、クククと喉で笑い始めた。



「?」



が具合でも悪くなったのか?と怪訝そうな顔をするが、司馬懿はお構いなしに笑い続けている。



「司馬さん?」

「ククク…………」



形勢は逆転。

余りにその光景が恐ろしくなったのか、は『見なかった事にしよう』と思い込んで、そそくさと部屋に入ろうとする。

それを、笑っていた司馬懿が止めた。



「おい!貴様!!」

「ヒッ!な、何すか?」



呼び止められて肩をビクッと引き攣らすが、司馬懿は許してくれそうにない。

そして、有無を言わさぬ無気味な笑顔で、早口に喋り出した。



「貴様、暇か?暇だろう?すぐに着替えて下に下りて来い!!」

「え……何で……」

「愚図愚図するな!早くせんか馬鹿めが!!」

「ひぇっ!?わ、分かりました〜」



無気味に笑う司馬懿に、恐れおののく

多分、逆らったら恐ろしい事になるに違いない、と彼女の本能が告げていた。



「ククク………ふはははははは〜〜〜〜!!」



そして自分が部屋に入って支度をしている時、司馬懿が意味深に大笑いしている事を、はまだ知らなかった。