×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


珍・学園無双〜外伝〜


〜似たもの同士・6〜






イタイイタイ『あ〜ん事件』から一時間後。

食事を終えると同時に、と司馬懿は諸葛カップルに代金を払い、逃げる様に別れを告げた。

「もうお帰りですか?」と月英はとても残念そうにしていたが、あのバカップルっぷりに目も当てられないや司馬懿からすれば、十分過ぎる程帰りたい気持ち満点だった。



今二人が歩いているのは、学園近くのコンビニ前。

先程の諸葛亮・月英のイチャつきが脳裏に焼き付いて放れないのか、司馬懿は渋谷から帰って来る途中の電車の中でも今でも、終止無言で俯いていた。



「司馬さん、あたしデザート食べ忘れたからさ〜」

「…………コンビニか?」



とうとう無言に堪え切れなくなったが司馬懿の袖を引っ張ると、彼は顔を上げる。



「あのバカップルぶりに当てられて食べらんなかったし」

「珍しく意見が合った気がするな……」



尚もクイクイと司馬懿の袖を引きながら、がコンビニへと誘導する。



「よしっ!元気がない司馬さんの為に、あたしがデザートおごったげよう!」

「甘いモノは好かぬ」

「じゃあイチゴでもバナナでもど〜んと来い!」

「……………馬鹿目が」

「はいはい、その台詞聞き飽きたから」



ブチブチと文句を漏らしつつも、司馬懿はに背中を押されてコンビニに入った。










「どこで食べよっか?」



コンビニを出て、買った物を入れた袋をブラブラとさせながらが問うと、司馬懿は「別にどこでも良かろう」と呟いた。



「じゃあ寮のロビー行く?」

「私を殺す気か?」

「殺す?ロビー行くと死ぬの?」



司馬懿の言葉の意味を理解出来なかったのか、が首を傾げる。



「分からぬか?」

「全然イミフメーなんだけど」

「……………馬鹿目が」

「馬鹿でもいいから、意味は?」



が急かすと、司馬懿は眉間に手をやりながら、溜め息を吐く。



「こんな時間にロビーで仲良く甘い物を食べていたら、私の命が危なかろう?」

「余計に意味が分かんないんだけど………」

「少しは頭を使え」

「司馬さんの問題は遠回し過ぎて分かりません!」



司馬懿からすれば、これだけ正解に近付けて言っているのに、当のは全く理解不能とばかりに唇を尖らせる。



「お前の親衛隊に見つかりでもしたら、私の命がないと言っているのだ」

「へぇっ!?」



最後にやはり「馬鹿目が」と呟いて溜め息をつく司馬懿に、がナニソレ!?とばかりに目を丸くした。



「名を上げれば切りがないが……馬超、趙雲、孫権、姜維、陸遜、甘寧。それから………」

「ちょ……ちょっと待って!」

「何だ?」

「親衛隊って何ソレ!?いつあいつらがあたしの親衛隊になったワケ?」

「いつと聞かれてもな………」



冷静に分析して言う司馬懿に、が納得行かないとばかりに待ったをかけるが、先に上げた6人は、誰から見ても『親衛隊』だろう。

本人からすると「司馬さん見解可笑しいでしょ!?」と思う所だが、全ての人が「親衛隊でしょ、ソレ」と思っている限り、完璧に親衛隊である。



「大体、親衛隊って言うか友達だし!」

「……………そうか」

「ってゆーか、デザート食べようよ」

「そうだな」



も司馬懿も、別段この話に特に何があるわけでもなかったらしく、話題はすぐにデザートに戻った。



「じゃあ校門前で食べようよ?」

「私は別に食べなくても………」

「女に奢らせておいて言うセリフそれ?」



別に司馬懿が集ったのでもないのに、は偉そうにふんぞり返って唇を尖らした。

それに司馬懿が更に溜め息をついた事は、言うまでもない。










「いただきまっす!」

「くく………太るぞ?」

「うっさい!黙って食え」



校門前に陣取ったは、さっそく袋からブツを取り出し、パクつき始めた。



「ほらほら!司馬さんも早く食べなさい」

「本当に私に食べろと………」

「だって甘いモン嫌いっつったのそっちでしょ?」

「ぐっ…………」



が司馬懿用に取り出したブツは、バナナだった。

「甘い物は好きではない」とのたまった司馬懿の為に、「じゃあ果物にしよう!」と彼女なりに気を使ったのである。



「ほれほれ!あたしの奢りなんだからね!」

「ぐぅ…………い、いらぬ」



グイグイと押し付ける様にして渡されたバナナを、司馬懿は拒否する。



「ホラ!早く!仕方ないなぁ〜。………ホレ!」

「くっ…………凡愚め」

「聞き飽きたって言ったっしょ」



今度は御丁寧に皮まで剥いて、は再度バナナを押し付けた。



「あっ!もしかして………」

「何だ?」



急に何か閃いた様に、が手をポンッと叩いた。

司馬懿がそれを訝しげな顔で見つめる。



「やってほしいの?『あ〜ん☆』って」

「なっ!?」



からかう様にがニヤリと笑うと、司馬懿の頬が赤く染まった。



「…………………………っの」

「ん?何?やってほしいの?」



免疫のなさそうな司馬懿をからかえたのが楽しかったのか、が暫く笑っていると、司馬懿がポツリと呟く。

がそれに乗じてさらにからかおうとすると…………。






「馬鹿目がぁ!!」






深夜を回る頃、司馬懿の怒声が園内全体に響き渡ったのは、言うまでもない。