×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


珍・学園無双〜外伝〜


〜似たもの同士・5〜






ビリヤードでボロクソに負けた司馬懿は、どうしようもないくらいにプリプリ怒っていた。

一回戦では恥をかかされ、二回戦では勝てるとの予測に反し、のヘッポコぶりが台無しにした所為もあるかもしれない。



「も〜。司馬さん、いい加減機嫌直してよぉ!」

「黙れ凡愚め!貴様の所為で………」

「まぁ、確かにあたしの所為だけどさぁ」

「司馬殿、殿の所為にするのは宜しくありませんね」



よっぽど悔しかったのか、司馬懿がを責め立てていると、諸葛亮が間に入った。



さんの戦力を判断出来なかったのは、どなたです?」

「…………………………ぐっ」

さんは悪くないでしょう?」

「だ、黙れ!貴様は違うチームだろう!!」



親が子供を諭す様な口調で喋る諸葛亮に、司馬懿が喚き散らす。



「司馬さん、唾飛ばさないでよねー!」

「五月蝿い、馬鹿めが!馬鹿めがぁ!!」



自分でバカバカ言っている内に更に腹が立ってしまったのだろう。

司馬懿はもはやダダッ子ちゃんになっていた。



「まぁ!孔明様、もうこんな時間です!」

「おや?……そろそろ食事時ですね」



バブちゃん司馬懿に苦笑しながら、月英が時計を指差す。

諸葛亮も彼女の言いたい事が分かったのか、「食事に行きましょうか」と微笑んだ。



「司馬殿、殿も一緒にどうでしょう?」

「…………何がだ?」



月英が声をかけると、司馬懿が如何にも『私、不機嫌です』みたいな顔で睨み付けた。



「宜しければ食事をと………」

「あ。確かにお腹空いたかも………」

「…………言われればそうかもしれん」



が腹に手をやりポツリと呟くと、司馬懿もダダを捏ね飽きたのか、真っ暗になった空を仰ぎながら頷いた。










近場のパスタ専門店へ入った達は、取りあえずドリンクを注文し、早速乾杯をした。

何に乾杯?って感じだが、月英がとても楽しそうだったので、『今日この日に』とした。

続けて各自、メインの注文を済ます。



「あ〜美味し〜!」

「色気もへったくれもないな………」



がくぅ〜!っと親父臭くグラスを置くと、司馬懿が呆れ顔でタメ息をつく。



「ふふ、月英はカクテルが好きですね」

「孔明様もお好きでしょう?」



一方諸葛亮と月英は、さり気なくイチャこいていた。

そうして暫くダベっていると、次々と食事が運ばれて来る。



「わー!上手そ〜!」

「取ってやるから騒ぐな、馬鹿め!」

「孔明様には私が取りますね?」

「月英は優しいですね」



キャッキャとはしゃぐに悪態をつきながらも、司馬懿が彼女の分を更に盛ってやると、月英も負けじと諸葛亮の皿にパスタを盛った。



「いただきま〜す!」

「大人しく食えぬのか!」

「司馬さん一々細かいから」

「貴様っ………!!」



フォークを使ってクルクルとパスタを巻き、口に運びながら、と司馬懿が火花を散らしていると…………。






「はい!孔明様あ〜ん!」

「照れますねぇ。あ〜ん!」






「…………………………………………」

「…………………………………………」






『すげーウゼー』






瞬間、と司馬懿の心は一致。

互いに暫く見つめあうと、『何事も見なかった事にしよう』とアイコンタクトを取り合い、黙って食事を黙々と口に運んだ。