×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


珍・学園無双〜外伝〜


〜今の所……〜






「キャ〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆☆☆」



いつもと同じ、いつもと何ら変わらない学校での休み時間、急にそんな黄色い声が上がった。



ちゃん見てみて〜!周先生だ〜〜〜〜!」

「あ、あぁ。そうだね………」



と、黄色い声の主小喬、そしてそれとは対照的な呆れ顔のが、ある一点を見つめていた。



その先にいらっしゃったのは、無双学園二学年副担任であり、『美周朗』と名高い周瑜先生。

その美貌は、シャレんなんないぐらいに男女共に評判が高い。

また「あの血の気の薄さが、更に彼の美に輪をかけているのです!」と某二学年担任のT・K先生も評価する程。



美し過ぎる周瑜先生。

そんな彼に、黄色い悲鳴が上がる等、日常茶飯事だった。



周瑜先生は悲鳴を上げたのが小喬だと分かったらしく、こちらに視線をやると、微笑みながら近付いて来た。



「おはよう、小喬君。君」

「キャ〜〜〜〜!周先生おはよ〜〜☆」

「おはようございます……」



周瑜先生が白い歯を覗かせて言うと、小喬は更にテンションが上がったようだ。

それに少々引きつつ、が挨拶を返す。



〜!孟起が呼ん…………………っと」



と、そこへ孫策が顔を出した。



「あれ?孫君どした?」

「んあ?あぁ。孟起が呼んでたぜ〜!」

「うん、分かった」



孫策に面倒かけてごめんね?と言い、小喬をその場に残し、周瑜先生に軽く頭を下げて、は教室へと入って行った。










「おっす!」

「あぁ、おはよう伯符」



を見送った後、孫策がニカッと笑いながら片手を上げると、周瑜先生も軽く微笑んで挨拶をする。

この二人は旧知の仲で、とても仲が良い。



それを知っているのは孫策・周瑜先生・そして孫策の彼女の大喬。

大喬の妹であるはずの小喬が何故その事を知らないのかと言うと。

ただ単に、孫策や大喬からそういった話を聞かなかっただけ。



「周先生〜☆」

「どうした?小喬君」

「あのね、お願いがあるんだけど〜…」

「お願い?」



会えただけで嬉しい!という満面の笑顔の小喬につられて、思わず孫策と周瑜先生も微笑む。



「今度、どっか遊びに連れてって〜!」

「えっ!?」



小喬のいきなり大胆な?お願い″に、少し焦った声を出した周瑜先生。



「し、しかし………」

「あたし周瑜先生と二人きりで遊びに行きたいんだも〜ん!」



困った顔をした周瑜先生に、小喬が食い下がる。



「だが、流石に二人きりというのは………」



周瑜先生は、普段はクールビューティー&ポーカーフェイス。

めったに顔色を変えない先生である。



それが、小喬に誘われただけで、本当に困った顔になった。

何かと葛藤する様に………。



それもそのはず。



何故なら周瑜先生は、小喬に気があったから。

彼は入学式で彼女を見かけた時から、心を奪われてしまったのだ。



明るく元気で、それはまるで華が綻ぶ様な笑顔。

自分を見つけると、嬉しそうに駆け寄って、「あのね、あのね!」と話し掛けて来る。

見かけや内面は少々子供っぽいが、何故かそれでも自分の心は暖かくなる。



そんな周瑜先生。

きっと今、頭の中では天使と悪魔が鍔迫り合いを繰り広げているであろう。



周悪魔『これは二人っきりで行くしかないぞ!』

周天使『何を言っている!相手は自分の学校の生徒だぞ!?』

周悪魔『ふん!そんなもの、恋する男と女の前では変わらぬ!』

周天使『何だと!?この国では16歳以下は法律で……』

周悪魔『法律なんて破る為にある様なものだ』

周天使『大体、どこからどう見たって援助交際だろう!!』



すると、周瑜先生の葛藤を見抜いたのか、孫策が近付いて来て、耳打ちをした。



「なぁ。お前ら二人きりだと良くねぇってんなら、俺等も付き合うぜ?」



孫策曰く、『教師と生徒二人きりが引っ掛かるなら、自分と大喬も一緒に行くぞ?』と言う事らしい。

なるほど、それならば他の教員や生徒に街でバッタリ出くわしても、適当に言い繕えば何とかなるだろう。



「ふむ………それならば」

「決まりだぜ〜!」



普段は、頭がからっきしの親友に心で感謝し、周瑜先生は小喬に「週末なら…」とYESを返した。