×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

序章



 春爛漫


 雲一つなく、太陽が穏やかに世を照らす日。
 風は草原を緩やかに撫で、それに乗って鳥達は喜びをさえずり、冬明けを待ちわびていたと言うよう咲き乱れる花は、ひらりひらりと舞い落ちる。
 春爛漫とも言える、風情ある景色。
 緩やかと言えど僅かに冷たく感じる風も、全く気にならない。

 あぁ何と美しく、けれど儚く思える情景か。
 目を細め、馬上から『春』を見つめていた男は、感慨深く一つ息を吐いた。
 共として、自分の右隣で馬を操る男も思う事があったのか、少し笑みを見せながら目の前の景色を見つめている。

 すると、何か気付いたのか「あれは…?」と口にした。

 「ん?どうしたのだ?」
 「いえ…。あそこに見えるのは一体何か、と思っただけでございます」
 「ん?」

 視線の先に見えた『それ』に、男は眉を寄せた。
 そして「確かに」と呟くと、馬の腹を軽く蹴り、『それ』の元へ向かう。
 近付くにつれて、それは人である事が分かった。
 うつ伏せでぐったりとしている。

 「何故、このような所に…」
 「行き倒れでしょうか?」

 言いながら、共が馬を降り、倒れている者の肩を掴み仰向けにする。
 顔や体つきで、少女だと分かった。
 仏かとも思ったが、顔色は良くただ眠っているだけのようだ。

 「おぉ、まだ息がございます」
 「そうか」
 「如何致しましょう」
 「む…」

 問われ考え込む男だが、ふと違和感を感じ共を見遣った。

 「この辺に村はあったか?」
 「いえ、ないと思いますが……あっ、目が覚めたようです」

 言い終わるか終わらないかの内に、少女がゆっくりと目を開けた。
 漆黒とも言える、その瞳。
 男も共も我を忘れて見入っていた。
 だが、少女は「あれ…?」と呟くと、また眠ってしまった。

 「あ、また眠ってしまいました」
 「ふむ。だが、行き倒れではなかったようだな」
 「えぇ、左様で」

 確かに行き倒れではないようだが、この辺に村はない。
 自分達は、年に一度この景色を見るため馬で来るが、この近辺に村があると聞いた事はなかった。
 それよりも、男は先程から気になる事があった。
 共も同じ事を思っていたのか、ふと口を開く。

 「ですが、一風も二風も変わった着物ですね。あぁ、指に変わった輪も付けている」
 「ふむ、何所ぞで神隠しにでもあったのだろうか?」
 「神隠し…でございますか?されど、隠されたら戻って来れぬのでは?」
 「永久に戻らぬ者もいるかもしれんが、中には例外も居ろう」
 「そうでしょうか?しかし、珍妙な着物ですね…」

 共はやはり少女の着衣が気になるのか、ふぅむと唸り全身を見回している。
 男は自分で『神隠し』と口にしたが、先程の少女の瞳や着ているものを見ると、やはりそうなのではないかと思えてしまう。

 ややあって、共が先程と同じ問いを口にした。

 「輝宗様、如何いたしましょう?」
 「では、連れ帰ろう」
 「………。今、何と?」

 あっけらかんと即答した事に、共は目を丸くしたかと思ったら、すぐに真剣な面持ちで問い返す。
 しかし、それに小さく笑みを見せ、輝宗と呼ばれた男は少女をひょいと抱き上げた。