×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


珍・学園無双〜外伝〜

〜二泊三日 湯煙の旅・10〜






「ごめんって!機嫌直してよ〜」

「……………」

「本当心から謝ってんだってば!頼む馬ッチ!!」



に殴り飛ばされてから、馬超の機嫌は最大限に斜めだった。

幸か不幸か飛ばされた先が湯舟だったから良かったものの、あれが床だったらと思うと恐い。

チャプ!と音を立てて両手を合わせたも、我に帰って『とんでもねーことしただ〜』と思ったのか、平も平謝りだ。



そりゃ腰に巻いた布以外『裸』であったのは認める。

そう、確かにセクハラかもしれないが、場所が場所(混浴)だけに、そうは言えないはず。

なのにコークスクリューinの覇王パンチには、迷いがなかった。



もう一度言うが、ムッス〜と効果音が付そうな程、彼の機嫌は最大限に悪い。

さっきからずっと無言を貫く馬超に、は口をへの字にして言った。



「だってさぁ、馬ッチのボディが余りにも逞し過ぎて……」

「もう一回言え」

「は?」



謝って許されぬなら褒め殺しだ、と甘ったれた声でらしくなく言った矢先、馬超はの肩をガッシリ掴みそう言った。

意味が分からない。



「もう一回って……」

「今の言葉を、もう一度、心を込め………ブボッ!!?」

、待たせたな」

「子龍兄〜!」



単に『身体が逞しい』を復唱して欲しかっただけなのに、彼は趙雲に出番を横取りされた。

適格に脳天を狙った肘打ちが、痺れとなり彼の肩凝りを癒す。

それ以前に頭が痛い。



「先に入っていたのか?」

「うん!ぬるめで良い感じだよ」

「そうか、では私も………」

「ちょっと待てぇ!!!」



グリグリと間に入るよう身体を押し込めた趙雲に、馬超が復活した。

なんで邪魔をするのか分からないでもないが、最近譲っているのだから良いではないか。



「なんだ孟起、いたのか?」

「居たのか?じゃないだろう!!俺との間に割り込むな、図々しい!!」

「ちょっと何キレてんのー?子供じゃないんだからさぁ」

「お前は黙ってろ!!」



ここで趙雲vs馬超のバトル(口喧嘩)が勃発した。

どうして隣争いだけでここまで熱くなれるのだろう?

『たまにはお前自重しろ』『お前に言われたくない』『そもそもお前カミングアウトし過ぎだ』『それは嬉しいな』などと、小学生並みの喧嘩。



「孟起、自分を曝け出す事が、そんなに悪いのか?」

「そういう事言ってるんじゃない!お前たまには俺にも……」

「………………はぁ」



いい加減、面倒臭くなって来た。

故には溜息を零すと、彼等に気付かれないよう場所を移動し始めた。










ここの混浴は、どうやら相当規模がデカいものだと分かったのは、隅に掛けてある『混浴内地図』を見てからだった。



軽く100人は収容出来る、超大風呂。

その証拠に、キャッキャと水を掛け合う小喬達の声が、遠くに聞こえる。

靄がかかって全然見えないが、他にも甘寧や孫策、「俺は呂布」と意味なく名乗りを上げている声が聞こえた。



が新たな場所として選んだのは、隅の隅。

このモハい状況では絶対に見つかる事はないだろう。

ふとした時に一人になりたくなる性分故に、彼女は『ここでいいや』と腰を下ろした。



「あー本当…………下らない」

「何が下らないのですか?」

「そりゃー馬ッチと子龍兄の………え?」



横合いに声がかかり、そこへ視線を動かす。

そこには風呂の中であろうと断固蝶を連れ込む、張コウ先生がいた。



「あ、張コウ先生……」

「折角の混浴というのに、そのように悲しげな顔をしていては、日々の疲れは癒せませんよ?」

「あはは………済みません」



湯舟の中だというのにクルクル(ジャブジャブ)回転する彼は、どう見ても変質者だ。

顔や体のラインはこぞって『美しい』のに、中身がそれに伴わない。

第一、一々ポーズを決めるのは、切に止めて欲しい。



張コウ先生はクルクル回っていたが、瞬間それをピタリと止めた。

心を読まれたか、もしくは顔に出ていたか。

不安に駆られたをよそに、彼はズズイと顔を近付け言った。



さん、何かお悩みのようですが……。
 美しく在りたいとお思いでしたら、この私がいつでもお手伝い致しますよ?」

「はい?」

「貴女は笑っている印象が強いですから。
 そのような顔をしていては、?美″は逃げてしまいます」



今はっきりと言えるのは、『意味が分からない』。

何が言いたいのか、ちんぷんかんぷんだ。

先生はそれすら気にならないのか、それでは、と妖艶に微笑んで、キリキリ舞いつつ煙りの奥へ消えて行った。



「もしかして………元気付けてくれたのかな?」



疲れた様子を醸していたのだろう、そんな自分を見て、張コウ先生はそう言ってくれた・・・・のかもしれない。

しかしなんでもかんでも?美″をつけりゃ良いってもんでもないだろう。

そんな事を漠然と考えていると、またも横合いから声がかかった。



「ふふ……そうみたいですわね」

「っ!」



どうして、こうも皆気配を感じさせず近付けるのか。

そう思いながらも、は女性らしい声の主に振り返った。



「甄姫先生……」

「張コウ先生は以外と分かりにくいけれど………。
 私達は、生徒一人一人の様子を、何気にチェックしていますわよ?」

「先生も……ですか?」

「えぇ」



「ですから貴女の顔を見て、すぐに分かりましたわ」と言う甄姫先生が、優しく映った。

いつもは、『美女』と隔たりを感じ、余り近付けずにいたが・・・。

先生方は、意外にも一人一人を観察しているのだろう。



「あ、じゃあ聞きたいんですけど……」

「あら、なんですの?」

「馬ッチと子龍兄って、どうしてすぐに喧嘩するんですか?」

「…………………………さぁ?」



その間はなんだ?

問うてみたいが、先生の張り付けたような笑みが恐い。

要は『聞くな』という事か?



「いえ………やっぱ何でもないです」

「うふふ、懸命ですわ」



じゃあ間の正体を教えてくれ!と正直に思うが、やはりこの人相手だと恐くて聞けない。

疑うような目になってしまうのも、自分で仕方ないと思える。

甄姫先生は、張コウ先生のようにやはり妖艶に微笑んだ。



「それは…………貴女自身の目と心で、感じなさい」

「あたしの?」

「………貴女には、まだ早いお話だったかしら?」

「ちょっ、誤魔化さないで下さいよー!」

「喧嘩が収まるまでは、色々な人達とお話していれば宜しいですわ。ふふ……」

「ふふって………」



意味深な言葉を残し、スィ〜っと水を掻き分けて靄の中へ消える先生。

今自分が男であったら、確実に?湯煙が見せた幻の美女″とか連想するだろう。

先生が言いたい事は、何となく分かった。



「ようは?喧嘩を見届けろ″って事ね!」



ここで、に話し掛けようと探し回っていた孫権が、偶然彼女達の会話を聞いていた。

しかし靄で見えなかった所為なのか、はたまた湯舟からヌッと突き出した岩石に隠れていた為か。

気付かれなかった。



そしての言葉を聞いて、率直に思った。

解釈が違う、と。



張コウ先生も甄姫先生も、そんな事が言いたかったわけではない。

彼女を取り合う故の喧嘩だ、と伝えたかったのではなかろうか?



だが覇王はやはり覇王だった。

覇王は、時として天然を超える。

それを、彼女が教えてくれた。



…………くぅっ!!」



余りの彼女の男前(天然)ぶりに、孫権は人知れず涙を流した。