×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


珍・学園無双〜外伝〜

〜二泊三日 湯煙の旅・11〜






バシャ!!

とある一角で、力技な湯の飛沫が上がる。



「ぶっ……!?そもそもなぁ!お前がカミングし過ぎだろっ!!」



バシャシャ!!



「ふぶっ……!?何を言う?私は元々こうだったはずだ!!」



バシャシャピッ!!!



「ぶあっ……!?馬鹿言うな!!それこそとんだ嘘っぱちだろう!!!」



ドバッバシュッ!ビシュシュ!!!



「んぶぷっ……!?ふっ……知っているか?世の中やったもん勝ちなんだぞ?」



先程から、が消えた事に気付かぬまま喧嘩を続けていた馬趙コンビは、更に言い合いをヒートアップさせていた。

飛沫の効果音は徐々にハードになり、また、互いに掛け合いながらの喧嘩な為、一々リアクションが酷い。

何と言うか、周りに誰も居ないから良いものの、先生方にでもかかったら、それこそ教員限定・乱舞大会だ。



最初は彼等の周りにいた生徒達も、この風呂が広いと分かったのか、散り散りになっている。

少し遠くでキャッキャと可愛らしい声を出しているのは、恐らく小喬達だろう。

そんな中、相も変わらずの調子で、男二人は靄の中言い合っていた。



しかし、ふと辺りを見回すと(とは言っても5m先も見えないが)、が居ない。

ようやっと気付いたと思ったら、徐に趙雲が「…?」と眉ピクした。



「孟起……はどこへ行った?」

「あ?そういえば……居ないな」

「っ……探すぞ!!!」

「あ、あぁ……」



バチャッ!と腰にタオルを巻いたまま、趙雲が立ち上がる。

その剣幕に気押されながら、馬超もゆっくりと肩まで浸かっていた湯舟から立ち上がった。

横目に見える親友の顔は、いかにも『を一人にしておいたら、絶対に誰かよからぬ虫が寄って来る』と勘違いしているようだ。



予想が的中するのなら、別にその?虫″がボコられようがベコられようが、沈められようが構わない。

だが、相方の思い込みによる被害が出ぬように(先生達に罰則を頂いてしまうかもしれないので)、細心の注意をせねばならない。

元々の立場が立場だけに、馬超は溜息を隠せなかった。










その頃。



は適当に動き回っていた所為か、馬超達の元へ戻る事が出来ないでいた。

ほんのり覇王化していた為、実に微妙な感覚だったのだ。

ただでさえモヤモヤな視界の中、半トランス状態の彼女は、『まぁ適当に歩きゃ着くでしょ』ばりに、ジャブジャブと湯舟を行軍する。



「ふんふんふふ〜………んっ!?」



ドバチッ……っシャーン!!!



と、鼻歌を歌って目的地を目指すは、不意に足に引っ掛かった何かにより、顔面から湯舟に突っ込んだ。

しかもバンザイ状態だった為、痛みも効果音もかなり凄い。

ぶくぶく、と自身の鼻や口から出る泡の気持ち良さに、うっかり召されてしまいそうだ。



すると、次に湯舟の中、誰かに肩を掴まれた。

グイッと引き上げられ、思わずブハッ!と色気のない盛大な咳をしてしまう。

あぁ助けてくれた人が元譲様じゃありませんように、と無駄な事を願いつつ(意外に冷静だ)顔を拭きながら自分を救ってくれた相手を見た。



「ぬぅ〜〜〜?なんじゃ貴様か」

「と、董卓さん……」



どうやら、先程自分の足が取られたのは、董卓の所為だったようだ。

彼は子分の呂布とはぐれてしまったのか、はたまた探していたが途中で諦めたのか、だらんとダレ切って足を伸ばしていたらしい。

いくら彼の足が短くても、殆ど先の見えない視界の中では、障害物ともなる。



などと、とんでもなく失礼な事を考えながら、はにっこり笑って「ありがとうございます」と礼を言った。

すると、董卓は途端ニヤリと放送禁止令が出そうな笑みを称え、「ふふ〜む!」と笑う。

ヒヤッとした悪寒が、の背中に走った。



「え、な……なんスか?」

「選り好みしている場合ではないか。仕方ない、貴様で我慢してやろう」

「ヒッ!!」



足が短い云々、と失礼な事を思っていた天罰なのだろうか?

我慢してやろう、という言葉と同時に、は尻に違和感を覚えた。

というか、董卓がお触りしたのだ。



無気味な手付きに、思わず嫌悪感バリバリな声が出る。

だが、ここで彼女を知る者ならば、咄嗟に逃げるだろう。

何と言いましても、彼女は『変化』するのですから・・・(諸葛亮風)



「ほほぉ?中々の触り心地じゃ!」

「ぎっ………」

「んん?なんだ?わしの手が、そんなに良いのか?ぬふふ!!」

「マジキモイヤーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!」



グルシャッボッ!!!!!



言うまでもなく、彼女の覇王コークスクリューエレクトロニクスパンチが、董卓の顔を抉った。

彼は何か言葉にする前に、その場から消え失せる。

実際には殴り飛ばされたのだが、表現としては適切だと思う。



しかし、悲劇はこれで終わらなかった。

が殴った方向では、湯舟で酒を楽しんでいる曹操が居たのだ。

そして予想通り、彼は吹っ飛んで来た董卓にピンポイントでデコ同士をぶつけあい、同時にノックダウンした。



その隣で飲んでいたらしい夏侯惇は、すぐさま殺気を察知し、避けたらしい。

だが、かなり出来上がっていた曹操に告げる前に、オッサン同士はKOされた。

何か事が起こる前に、ある意味女性達は救われたのだ。



「孟徳…………。ふっ、日頃の行いだな」



ぶくぶくと隣で沈み逝く友を横目に、夏侯惇は酒盛りを再開した。










「あーもー!全然馬ッチ達見つからないじゃんよー!」



『折角喧嘩を見届けようとしているのに』と、気配すらない現状に、はプリプリと怒り始めた。

これだけ歩いているにも関わらず、広過ぎる風呂場は、逆に彼女を苛つかせる。



「ん〜………上がろうかなぁ」

「…………………

「えっ?」



ふと呼ばれた方を見ると、そこには周泰がいた。

だが、何故かいつも一緒にいるはずの孫権が居ない。



「あれ?権ちゃんはどうしたんですか?」

「……………………居なくなった」

「え?じゃあ探してるんですか?」

「……………………いや」

「だ…………っ!?」



駄目じゃん!と突っ込みそうになったのだが、は思わず口を噤んだ。

そして、じっと周泰を見つめる。



「…………………………何だ?」

「い、いえ何でも………」



周泰は、広い湯舟であるにも関わらず、ちょこんと体育座りをしていた。

普通に足を伸ばして寛げば良いのに、彼はあくまで体を縮めて浸かっている。

それに可愛い過ぎ!!!と思ったのだが、その前に脳内でキャー☆と奇声を発していたので、なんとか堪えた。



「あ。そういえば、馬ッチ達見ませんでした?」

「………………………いや」

「そうですか、了解です。
 あぁそれと、権ちゃん見かけたら、周さんが探してたって伝えておきますよ」

「………………………何故だ?」



の言葉に、周泰は小首を傾げ(またそれがのツボにヒットしたらしいが)た。

『探していない』と伝えたのに、あえて『居たら伝えておく』という彼女の言葉に、疑問が湧いたのだろう。

だから、は小さく笑むと、言った。



「ここに留まってるのは、権も探してくれてるかもしれないから、ですよね?
 自分が探しに行っちゃうと、入れ違いになる可能性もあるし。
 だから、あたしが権ちゃんに会ったら、言っておきますって事ですよ」

「…………………………感謝する」



意図した事を解したのか、周泰はこくんと頷いた。

それがまた可愛らしく見えて、の中の周泰ポイントがアップする。

大きい人に限って、こういった仕草が余計に可愛く見えるものなんだな〜、と。



「それじゃあ、あたしはこれで」

「…………………………あぁ」

「見つかると良いですね」

「…………………………ありがとう」

「えっ?」



再び歩き出そうとすると、何か聞こえた。

聞き返そうとするも、周泰は僅かに首を振り「………何でもない」と言う。

その顔が、少し笑んでいる気がして、も笑顔で手を振りその場を後にした。