×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


珍・学園無双〜外伝〜

〜二泊三日 湯煙の旅・12〜






「あーもーいいや。やーめたっと!」



それからは、どれだけ足を使おうが辺りを見回そうが、馬趙コンビの気配は全くなかった。

が匙を投げようとしてしまうのも、仕方のない事だろう。

だが、実際彼等を目指すのなら、彼女自身が風呂内で「どこー?」と大声を上げれば良いだけなのだが、彼女はそれをすると周りに迷惑がかかると考え、断念した。



左奥の方では、恐らく甘寧辺りだろう『ギャハハハ!!』という爆笑が聞こえて来る。

右斜奥では、先程すれ違った曹丕(表)が愛する奥様と、まるでイチャイチャと音がつきそうなぐらいラブラブしている。

そして、ようやく出会えたのか、「おぉ周泰!!ここに居たのか!!」という孫権の声が、ずっとずっと背後から。



この靄の中、何だかんだで上手くグループが纏まったのだろうと考えながら、は結局上がる事にした。



これ以上探すのは、己の逆上せ具合的には宜しくない。

ジャブ、と湯から出る。

しかし、先の懸念が全く頭の隅へ追いやられていたのか、はヌメる足場に思いっきり滑った。



「ギャッ!!!??」



後方(湯舟の方)へと、まるで一人ボケ突っ込みをしたがる少年のように、がツルリといく。

スローモーションのような感覚に捕らわれたのは不思議だが、確かにそうだった。

しかし・・・・。



「危ない!!!!」



近場で浸かっていたのか、背後(湯舟)からは、聞き慣れた声と同時に、バシャンと立ち上がる音。

『おぉ誰だか知らんが、天の助け!!』と、誰かも分からないスロー状態で、は背後の人物に身を任せようと、身体の力を抜いた。



しかし、背後の人は湯に足を取られたのか、コケたらしい。

先の自分の、湯への顔面ダイブがごとく、バチンと言う痛そうな音。

という事で、背後の顔面強打殿と、真後ろへ全体重をかけてしまったの行方は・・・。



ゴッ!!!!!



「あぃだぁ!!!!」

「んがっ!!!??!?」



互いによる、互いの為の、互いだけの後頭部強打。

しかも、ゴチンなどという生温いものではなく、本当に固いもの同士がぶつかり合う音だ。

これには流石の覇王も悶絶で、彼女は湯舟にカムバックする事になった。



対して、彼女を助けようとしていた人物とは、陸遜。

彼は、のピンチを、その持ち前の妖力で感じとったのか、すぐさまクッションになろうとした。

彼女が落ちる標準的には湯舟だったし、その背を守ってやりながら力を流せば、怪我一つなく彼女を助ける事が出来ると思ったのだろう。



しかし、やはり日頃の行いというべきか、瞬時に計画された『後ろから抱きしめウハウハ』計略は、物の見事に失敗。

挙げ句、彼女を負傷(後頭部)させてしまうという、男として尤も恥じるべき結果を招いてしまった。



あぁ、頭が痛い。

しかし、彼女は大丈夫だろうか?

ぶくぶくぶく・・・。



だが、ふと気付いた。

自分が湯の中でぶくぶくしているのだから、彼女も・・・!!

故に、彼はこうしちゃいられない!とばかりに、瞬時に気絶しそうな己を奮い立たせ、水中から顔を上げた。



案の定、彼女は頭から星を出し、ピヨピヨしている。

自分でさえ痛かったのだから、彼女もそうだろう。

己の未熟さを噛み締めながらも、彼はを抱き上げた。










「う………ん……」

さん、大丈夫ですか!?」



ズキズキする後頭部の痛みで、は目を覚ました。

数度瞬きを繰り返していると、上から心配そうに見つめる陸遜。

あ、そういや頭打ったんだっけ?と思いながら、彼女はゆっくりと身体を起こした。



「あれ?伯言、なんで……」

「済みません!!」

「へっ?」



あれから気絶していたのか、ボーっとしながら問うてみる。

だが次には、急に立ち上がり謝罪し出した陸遜に、目を丸くした。



「え、どしたの?何で謝るの?」

「それは…」



かくかくしかじか、と理由を説明される。

『助けようとしたが、湯に足を取られ、更には貴女に怪我をさせてしまった』と。

彼が簡潔に話し終えると、は『自分の頭強打は、伯言の所為じゃない』思ったので、それを述べた。



だが、「気にしないで」と笑うに、「駄目です!」と膝を折り出す。

膝を付いて一体何を?とキョトンとするが、その自分の手を取り、陸遜は言った。



「本当に、申し訳ありませんでした。
 助けようとして、逆に怪我を負わせてしまうなど………不覚です」

「い、いいって!あたしは全然気にならないし。
 それに、ホラ!!もう頭も全然痛くな…………い゛っ!!?」



そこまで気を使わせたくなくて、後頭部を擦って『平気!』アピールをしようとするも、やはりまだ痛みは引いていない。

それを悟ったのか、陸遜は湯上がりの顔を青くする。



「っ!!やはり痛いんですね!?あぁ、本当に本当に、申し訳ありません!!」

「だ、大丈夫だってマジ!
 これぐらい、ちょっと休んでればすぐに直るから。本当気にしないで」

「いいえ、それだけは出来ません!」



キッパリと言い首を振る少年は、意外と頑固な性格のようだ。

いつもは温和でハキハキとしているし、物分かりがいい良い子だが、どうやらそれ故に、確固たる信念か何かを持っているのだろう。

大丈夫大丈夫、と苦笑いするに、少年は本当に心配そうな目を向けた。



「本当に……申し訳ありませんでした」

「良いって!大丈夫だから。それに、伯言の方が痛かったでしょ?
 思いっきり体重かけちゃったから…。あたしの方こそ、ごめんね?」

「いえ!私は全然大丈夫です!!」



互いが互いに気を使い、更には互いで大丈夫と言っているこの空気は、ハタから見たらどのように写るのだろう?

というか、ここは何所だ?

は、不意に頭を過った(少し痛みが走ったが)疑問を、口に出してみた。



「そういえば、ここどこ?」

「あぁ、ここは…………休憩所のみたいです」

「へぇ〜。上せそうになったら、ここで休息取るって感じだね」

「はい!」



ふぅ〜、と手で自分を仰ぐ。

今し方自分が寝ていた台から降りて、腰をかけ直した。

と、陸遜がその隣にかける。



彼は何か考え事をしていたようだった。

優しい目元が少しばかり不安の色を醸し、僅かに揺れる。



「伯言、どうしたの?」

さん…………その………」

「ん、なに?」



と、先程まで一切考えていなかったが、ここではとある事に気付いた。

全くスルーしていたが、彼も自分も、布切れ一枚の姿だという事に。

という事は、必然的に彼の上半身を見せつけられるわけで・・・。



「っ!!」

「え、さんどうしました?」



ズザッと後ずさりしたに、陸遜は不思議そうに首を傾げた。

だが、彼女の脳内は彼の挙動すら認識していない。



『ヤベッ!!伯言そのボディはマジやばいって!!!!!!』



着痩せするのだろうか、自分より年下の少年の身体は、鍛え上げられていて、今まで気付かなかった。

普段想像する事もないが、二の腕や腹筋の鍛え具合は、実にリアル過ぎだ。



もしかするともしかするが、自分の黄色い悲鳴ポイントにヒットしてしまう。

しかも、ナイスタイミングで、彼の『どうしました?』という子犬のような些かしょげたような顔を目にしてしまった為、何とも言えない何ともアレな心境。



恥ずかしい。

どうしようもなく、恥ずかしい。

何が恥ずかしいのか分からないが、とにかく恥ずかしい。



今度、一人でカラオケに行こう。

そして、このおかしな気持ちを『年下の男の子』に乗せて、消化しよう。

はそう決めた。



さん?」

「ナ………何でもないデス………」

「?少し顔が赤いようですが……」

「イ、イヤ大丈夫デ…」

「もしや!!?先程の事故で……!!!?」

「た、多分チガいま……」



こういう所で男女の違いを見せつけられると、どうしてだろう、意識してしまう。

そういえば、馬ッチや張コウ先生、周さんの身体も、鍛え上げられていた気がする。

迂闊に混浴なんて入るもんじゃない、これでは自分が妖しい奴になってしまう。



そう思った彼女は、早々に風呂から上がる事を決心した。