×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


飲みですね、これは。

そうです、これはもう晩飯などではありません。

『ディナー』という名の『宴会』です。



そう、館内放送の『美麗』という辺りで、薄々感じてはいました。

どこを見てもバーですし、カウンターには、バーテンさんが待ち構えていますし。

どちらにしたって、この宴会の行く先は、目に見えているんです。



えぇ、分かっていましたとも。

何故ならこの学園は、何でもアリな奔放校なんですから・・・。






珍・学園無双外伝

〜二泊三日 湯煙の旅・14〜






が二人でカウンターへ座る事を了承し、バーテンに酒を頼みながら席に着いてから、暫く。

風呂を上がった彼女を探し求め、すぐにでも『奴等』の邪魔が入ると思っていた陸遜は、何となく嫌な予感がした。

ふと視線を上げると、目の前のバーテンが、頼んだカルーアミルクをしゃかしゃかしていた。

それに疑問が湧いたのか、が『どうして、カルーアミルクをしゃかしゃかするんだろう?』という目で、バーテンを見つめている。



陸遜は、ふと先程の事を思い出す。



実は、風呂からここまでの道のりの間に、罠を仕掛けて来た。

彼女に見つからないよう、少し後ろを歩きながら、足首辺りの位置にせこせこワイヤーを張ったり(引っ掛かると天井から矢が降って来る)、大小様々な形をした巻びし(釣り針のように引っ掛かると抜け辛い)を置いてみたり。

少しでも彼女と二人だけの時間を共有したくて、張った罠だった。



だが、この感覚はなんだ?

『だがそろそろ奴等が到着しても良い頃合だ』という、悪寒にも似た危機感。

奴等があの程度のトラップで死ぬはずはないし、自分の差し金だと思って、怒髪天を突く勢いで突破して来るはず。

それなのに、全然来る気配すら感じさせないとは、一体・・・。



何かが起こる。



とそれだけ長く居られる、というのは嬉しい。

だが、直感ではあるが、ざわざわと身に絡み付くような感覚に、妖魔と歌われて久しいこの男も、流石に冷や汗を流した。

なんだろう、この鳥肌が立つような、おぞましい気配は。



・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・気配?



「っ!!!!」

「伯言?」



咄嗟に謎の気配で我に返り、陸遜はバッと後ろを振り返った。

急な彼の行動に驚いたのか、が首を傾げる。

真後ろで妖気を醸し出していたのは、彼が懸念した人物達であった。



「陸………貴様……!!」

「陸殿………中々に面白いトラップを仕掛けて下さいましたね」

「馬っチに…子龍兄?二人とも、どうしたのその格好……」



字の通り『怒髪天』を突いている兄貴ーズ。

だが、が疑問視するのも、そのはずだった。

馬超の浴衣は、どうしてか所々に穴(矢)が空いているし、趙雲は『館内はスリッパで移動がセオリー』なのに、素足であったのだから。



「どうしたもこうしたも……!!!」

、貴方の隣で座っている火炎鳥に……」



「あ〜っとぉ!!手が滑りましたぁ!!!!」



バシャ、ビシャ!!



誰もがその言葉で、彼の少年を想像してしまう『火炎鳥』。

だがしかし、それはには解する事が出来なかったようで、咄嗟に放たれた陸遜の『不慮の事故(明らかに故意)作戦』により、中段される事となる。

案の定、馬趙コンビはズブ濡れになった。



「あぁ、これは失礼しました!!大丈夫ですか、馬殿に趙殿。
 私は決して悪意などなかったのですが、どうやら手がツルッと行ってしまったようです!!!」

「ちょっと、二人とも大丈夫!?」



すぐに悪意たっぷりの謝罪を口にしつつ、次はどんな攻撃を繰り出してやろうかと考える。

だが、この少年は純粋に『さんと二人きりになりたい』と考えているだけである。

しかし、知らず中心となってしまっているは、すぐに二人の救援にかかったようだが、なにせカルーアミルクを拭いている物は、ハンカチでもなくティッシュでもない。

パッと目に入ったのか、回収し忘れの雑巾っぽいもので、ごしごしとやっていた。



これには、いつも第一!と考えている二人も、報われない。

彼女相手となると、突っ込み所でも突っ込めない兄達。

でそれ(雑巾)に気付いていないのだから、それこそ不毛というものだろう。



「取りあえず、二人とも風呂入り直して来なよ?」

「入り直す?、お前は馬鹿か?
 どうしてこの悪魔の思惑に気づけないんだ!?そうは問屋がおろし大根だ!!!」

「入り直すなど、時間を無駄にするような物……。、安心しなさい。
 これから何があろうとも、私が、火炎鳥からお前を守ってみせる!!!」



とても格好良い台詞のはずなのに、興醒めするほどダサく感じる。

はそう思ったが、今はきっと『ダサカッコいい』が流行っているのだろうと、思っている事を胸の内に抑えた。

しかしここで、予想外な人物が、少年F(Fire)氏に援護をかける。



「あぁ、何と言う事!!華麗に手が滑ってしまいましたぁ〜〜〜〜」



パチン、ザバァ!!

ゴッ、ゴィン!!



「ふっ!?」

「へぶっ!!」



オカマの声の後、指を鳴らした音が聞こえたかと思ったら、兄貴達の真上に落ちたのは、水。

そして、止めとばかりに、今度はタライが落ちて来た。

痛々しい音が、涙をそそる。



今度は明らかに故意だ。

そう思った兄二人だが、残念な事に相当な打撃だったのか、二人はそれと同時に意識を手放した。



「ちょっとちょっと!!二人共、大丈夫!?」

「あぁ、何たる悲劇!!ですがきっと、これは美の神の思し召しかもしれません!!
 さん、ここは私にお任せなさい。陸少年、さんを頼みましたよ?」

「え……は、はい!!お任せを!!!」



華麗にして美の神と自称する、張コウ先生。

彼はそう言うと、両脇に兄貴ーズを抱えて、『クラブ美麗』を後にした。










それから、放送を聞いたのか、少しずつ生徒や教員が店内へと入って来た。

ある者は一人で、ある者は仲間と、ある者は愛しき人と。

に近付こうとする者共を牽制しつつ、陸遜は二人の時間を楽しむ・・・・はずだった。



しかし、注文を終え、店内がワイワイガヤガヤと賑わい始めた頃、とある事件が起こっていた。

それは・・・・・。



「伯言、大丈夫?」

「うぅ〜」



二度ある事は三度ある。

まさにその通りな現状。



陸遜は、酔っぱらっていた。



手が滑ってしまった『不慮の事故』があったので、もう一度バーテンさんにカクテルを作り直してもらった。

しかし、彼はもっぱら酒に弱かった。

も、それを飲ませた後に思い出したようで、たったの一杯でヘロリとしてしまった彼を、心配している。

美神・張コウ先生の援護も、無駄に終わってしまったのだ。



だが、酔っぱらいながらも『二人だけの時間』を大切にしようとする、彼の執念という名の本能は、もの凄かった。

『妖気を感じ取る』所の話ではない。



背後からちょっかいを出そうとした甘寧に、武器を投げ付け(サクッと良い音がした)。

気になりつつも行動に出せない孫権を近付けぬ為、矢文を放ち。

どさくさ紛れにを攫おうとした曹操には、月英からもらったプチ連弩で狙い打ちした。



もちろん、それはに気付かれる事なく、撃退する事が出来た。

故に、今ももちろん二人きりではある。

しかし・・・・。



「ちょっとちょっと、本気大丈夫?」

「う、うぅ………」



気持ち悪いわけではないが、胸がもやもやする。

頭がグラグラとして、動悸息切れが止まらない。

これは恋なのか?という問題ではなく、それなら飲むなという話なだけだ。



「うぅ……さん………」

「伯言、しっかりしてー!」



何とか身を起こして、彼女の手を握る。

だが生憎、自分は相当気分が悪そうに見えるのか、彼女は只々心配そうに自分を見つめて来るだけ。



あぁ、ずっとこの時が続けば良いのに・・・。



そうは思ったが、時間に比例するように、気分は段々と悪くなる。

自分でも、目線がイッているのが、何となく分かってしまった。

これが、限界かもしれない。

だが、それは同時に『脱落』を意味する事だと分かっていたが、どうする事も出来ない。



成る程・・・これが?因果応報″というやつか。

そう思ってしまったのがいけなかったのか、ここで陸遜の意識はシャットアウトした。



「ちょ、伯言?伯言ってば!!だ、誰かー!!」



遠ざかる、大好きな彼女の声。

それと同時、待ってましたとばかりに彼女に近付く外野の声を聞きながら、『これから彼女の前では、絶対に酒を断とう』と心に誓った少年だった。