×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


「なんで…泣いてるんだ?」

「えっ?」

「目が赤い」

「あぁ、欠伸連発してたからじゃない?」






珍・学園無双外伝

〜二泊三日 湯煙の旅・17〜






「もう大丈夫なの?」と聞くと、彼は頭に手をやって「コブが出来たぐらいだ」と言った。

「子龍兄は?」と聞くと、彼は部屋の中に入りながら「あいつはまだ落ちたままだ」と言った。

「なんでタライが落ちて来たんだろ?」と聞くと、彼は部屋の中を見回しながら「色々な陰謀が渦巻いてるんだろ」と言った。

「バーに戻らなかったの?」と聞くと、彼はの傍にしゃがみこみ「戻ったがお前がいなかったからここに来た」と言った。



どの答えも、淡々とした口調だった。



はなんとなく気まずくなって、迷う視線を夜の海へ向けた。



「バーに戻った方が、皆居るし良かったん…」





言葉の流れをスッパリと斬るように、馬超が自分を呼んだ。

なんとなく振り向きたくなくて、視線を海から離さなかった。



、なんで泣いている?」

「………別に」

「泣いてただろ?」

「泣いてたけど、もう泣いてないよ」





自分で答えたそれらに、は反抗期真っ盛りな子供でもあるまいに、と思った。

でも、馬超の方を向きたくなかった。

なんでもないのに泣いている自分なんて、自分以外誰にも見られたくなかったからだ。



「……力づくだぞ?」

「それは…けっこう困るかも」

「じゃあこっち向け」

「とりあえずちょっと待ってて」

「…なんでだ?」

「涙引っ込めるからに決まってんじゃん」

「………引っ込めなくていい」



馬超が腕を伸ばした。

しかし、その腕から逃げたくて、顔を隠しながら立ち上がり、玄関の方へ向かいしゃがみ込む。



!」

「わけわからない涙だから、人いる時は引っ込めるもんなの!」

「人の分からん理屈で、意地を張るな」

「張ってない」

「張ってる」

「張ってないってば!」



一体何なんだこの涙は。

自分の見ていた世界から、何の事なく何の苦労もなくやって来てくれたような、優しい音。

安堵感にも似た、温かい感覚。



「涙を見せようとしないってことが……意地を張ってる証拠だ」

「じゃあ張ってていい」

「子供かお前は…」



ゆっくりと足音が近づく。

すぐ間近で呆れたようなため息が聞こえた。



「ちょっと1人にしてよ…」

「できない」

「すぐ元気になるし、明日には全然復活だから…」

「嫌だ」



真後ろで、彼はきっと膝立ちになって自分が顔を上げるのを待っている。



「俺にぐらいは、意地を張るな」

「別に馬ッチだから意地張ってるわけじゃ…いやそうでもないかも」

「まったく、お前は…」



また、今度は先ほどよりも大きなため息が聞こえた。



「とにかく、何があったか話せ。俺が聞いてやる」

「別に、本当に何があったワケでもないんだってば!」

「……………本当か?」

「なんとなく泣きたくなったから……泣いてただけ」

「なら尚更、1人に出来ないな」



言葉が終わる前に、馬超の腕に閉じ込められた。

風呂から上がってもう随分時間が経つのに、温かかった。

素直にそれを告げたら、「男と女の違い」と小さく笑ったような声で言われた。



、泣いていいぞ」

「ん…なんかもういいや」

「おい…お前な」

「涙は別の機会にしとく。今はあったかいから、これでいい」

「勝手に泣いて、勝手に満足するな」

「それが、あ・た・し☆」

「なんか腹立つ……泣け」

「もういいってば!」

「引っ込めたものを、もう一度出せと言ってるだけだ」

「引っ込んだものは、そう簡単に出せないもんじゃない?」

「お前イズムの持論はいい。とりあえずもっかい泣け」

「だーからもう泣けないって!
 あ、替わりに馬ッチ泣く?膝とか胸ぐらいなら貸してあげるよ?」

「……………」



一瞬馬超が固まる。

が、はお構いなしにいつも通りに笑顔になった。

自然に、笑みが浮かんだ。



「お前な…」

「なによ?」

「膝もどうかと思うが、胸はマズいだろ…」

「え、そう?でもよく言うじゃん。『泣きたい時は、俺の胸を貸すぜ』って」

「それは男同士または女同士だろ」

「男または女同士の友情でそれがあるんだから、男女の友情間でもあってよくね?」

「お前イズムはもういいと…」

「あは!なんか元気出てきたかも!」



本当に泣きたいから泣いていただけだったが、今は本当に笑いたいから笑っている。

立ち上がりながら、は心からそう思った。

対する馬超は腑に落ちない様子ではあったが、がニコニコと笑っているのを見てもういいと思ったのか、一緒に立ち上がる。



「ねぇ馬ッチ、飲み直そうよ!」

「おう………戻るか?」

「ううん、今はここでゆっくり飲みたい気分」

「珍しく素直だな」

「そこ!一々いらん指摘すなっ!」

「ほら座れ、そんで優しく慰めてやった俺に、酌をしろ」

「そんな偉そうな君には、特別にババチョップかクロスチョップ、どちらか選ばせてあげよう!」

「それなら膝枕しかないな」

「なんでやねん!!」



それからクラブ美麗の明かりが消え、生徒達の部屋の明かりも消えても、彼女の部屋の明かりだけは遅くになっても消える事がなかった。