×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


珍・学園無双外伝

〜二泊三日 湯煙の旅・18〜






夏の朝。

さざめく波の音が、少し遠くに聞こえる。

ざ、ざ、と寄せては引き、引いては寄せる心地良い音。



その響きに誘われて、馬超はうっすらと目を開けた。



昨晩は少し飲み過ぎたかもしれない。

頭痛はないが、全身に酒を飲んだとき特有の倦怠感があった。



そういえば、部屋の酒がなくなった後は、と2人で近場のコンビニへ大量に買い出しに行き、部屋へ戻りずっと飲んでいた。

そして結局、が先に潰れてしまい、つまらなくなったのでそのまま彼女の部屋で寝てしまったのだ。



一体、寝たのは何時なのか、そして今現在は何時なのか?



時間を確認する為に起き上がろうとするも、まず感じたのは違和感。

普段、目を覚ませばすぐに動き出せる彼は、そこで「ん?」と思った。

どうやら俯せて寝ていたようだが、それとは違った違和感を感じるのだ。



「……?」



腕が動かない。

起き上がろうとしても、肝心のそれが動かせなければ、どうしようもない。

一体、自分の身に何が起こったのか分からず、とりあえず首だけ動かしてみる。

すると、腕が後ろ手で縛られているのに気づいた。



「何だ、これは……」



「おはよう、孟起」

「!?」



背後からの気味悪い囁きに、馬超は体が凍った。

冷房は効いていたし、すこしうすら寒いとは思っていたが、それ以上に体の芯が冷えた。

自分に朝の挨拶をしたのは、女では……ない。

しかも、なんだかいつも聞いているような声だ。



「……………」

「爽やかな朝だな、孟起」



体制を整えたかったが、縛られている腕ではやはり起き上がる事は不可能だった。

自分を呼ぶ相手は「爽やか」とは言っているものの、きっと形相は凄い事になっているはず。

首は動くはずなのに、どうしても振り返る事ができない。(恐い)



「……………誤解だ」



そう言うのが精一杯だった。

相手はその言葉に「ほお?」と爽やかな声で返答しているが、きっと冷たい冷たーい笑みを浮かべているはずだ。

抹殺される前に、なんとしても縄は解いておきたい。

腕が自由になるだけで、応戦できるかもしれないし…。



ふと、全身を覆う殺気の中で、思い出す事があった。

故にそれをネタに時間稼ぎをしよう、と彼は考えた。



は……どこだ?」

「安心しろ孟起。は、私の部屋に移した」

「……………」



という事は、今この部屋には2人きりではないか。

思いたくはなかったが、どこか冷静に馬超はそう思った。



「……そ、そういえば頭は大丈夫なのか?」

「あぁ大丈夫だ。少しコブが出来たぐらいは…な」



そう言いながらも、ゆらり、と背後の人物が動いた。



その合間、チリチリチリチリと爪で腕の縄を解こうとしていた馬超。

当たり前だが、たかが爪で食い込む縄を切れるわけがない。

ぜんぜん時間稼ぎになってない。



「あぁ、そうだ!そういえば…」

「孟起、お喋りは…そろそろ終わりにしよう」



あとちょっと、あとちょっと、とチリチリ頑張るが、生憎相手がそんな悠長な性格をしていないことは、馬超自身が一番良く分かっている。

やばい、殺られる。

ならばいっそ、誤解を解きたい!



「ちょっと待て子龍!お前は、妄想という名の誤解に騙されているぞ!」

「ほぉ、何が誤解だ?
 真夜中、目が覚めてお前がいないから、もしやと思ったが…。
 流石に、お前がの部屋で、彼女を腕に抱きながら眠っているとは思わなんだ。
 一体、それのどこが誤解だと?もしや私の見間違えと言うつもりか?」

「ぐっ…」



途端饒舌になった相手(趙雲)は、口早にそう言うと、馬超に近づきその顔を片手で挟んだ。

ぶにゅ、と音が付く程、美形と称された馬孟起の顔がぶっさいくに歪む。

ここで初めて、趙雲と目が合う。



「びょ…びょはいひゃ…(ご…誤解だ…)」

「すまないが、何を言っているか分からないな」



予想通りというか当たっても嬉しくないというか、やはり相棒の顔はペッタリと貼付けたような笑みを浮かべていた。

見間違えでなければ、額には血管が何本も浮き上がっている。

馬超が起きるまで待っていたあたり、相当に怒りゲージを溜めていたのだろう。



ゲージ、MAXである。



「覚悟はいいな?もちろんだよな孟起」

「しぇ、しぇめれうれを…(せ、せめて腕を…)」

「あぁ…何度も言うが、何を言っているか分からないんだ」



趙雲のもう片方の手に握られている何かが、キラリと夏の陽を反射した。

冷たさが、悪寒に変わった。

その直後、宿全体に広がるほどの爆音が轟いた。









「うぅ……」



突如響いた何かの音に、はふと目を開けた。

まるで巨大な地震が起こったように、寝ている布団から体が跳ね上がったのだ。

しかし、起きようとするもズキッ、と頭に鋭い痛みが走り断念する。



「い、いった〜……」



そういえば、夕べ馬超と一晩中飲んでいた。

しかし一体いつ自分が落ちたのか、覚えていない。

頭痛によって力の入らぬ右腕になんとか力を込め、頭に響かぬように起き上がる。



グワン、と目の前が回った。



起き上がる前に、また伏してしまった。

グワングワンする視界の中で、そういえば一緒に飲んでいた馬超は、どこへいったのかと考える。

遠くから聞こえる波の音が、体に心地良かった。



、起きたのか」

「………誰?」

「私だ、子龍だ」

「あ〜子龍兄…」



布団に伏したまま目を閉じ、眉を寄せる。

痛みで顔面すらどうにかなってしまいそうだったからだ。

だが不思議と、趙雲の声が頭痛に障る事はない。



「昨日は、どれだけ飲んだんだ?」

「あれ…なんで知って…?」

「?分からなかったのか?お前が今いるのは、私と孟起の部屋だぞ?」

「え……うそ……?」

「あ、無理に起き上がらなくていい。だいぶ辛いのだろう?
 待っていろ、いま水を持って来る」

「ん…ごめん」



波上の痛みの芯を通らぬのか、彼の声はその更に外側をゆるりと沿い、耳に流れて来る。

緩やかな海のように、聞き心地の良い低音。



「起き上がれるか?」

「ん…」

「やはり無理か…ほら」



極力頭に響かぬよう気を配ってくれたのか、今度は起き上がる事ができた。

渡された水を、時間をかけて飲み干す。

これで痛みも、少しはマシになるはずだ。



「もう少し、眠っていなさい」

「…皆は?」

「安心していい。皆には、二日酔いと伝えておいた」

「…ありがとう」

…あまり、心配させないでくれ」

「……ごめんなさい」



緩やかで穏やかで、とてもとても心地良い音程。

ふと、さきの疑問を思い出した。

また違った低音を持つ、昨晩飲み明かした男は、いったいどうしたのだろうと。



「子龍兄…馬ッチは?」

「孟起は………………お前の部屋で眠っている」

「…なにその間」

「まぁ…今はゆっくり休みなさい」

「はぁい…」



間がとても気になったが、その先を考えるほどの頭は働いていなかった。



と、何かが額の上に置かれた。

薄く目を開けると、趙雲が間近で見つめていた。

視界を半分覆っているのは、彼の掌らしい。



「熱は…少しあるな」

「ん…ただの二日酔いだよ」

「念の為、今日はゆっくり休みなさい。それと、女将に頼んで風邪薬をもらおう」

「ん……ありがと」



掌が冷たくて、気持ちよかった。

夕べ、冷房の効いた部屋でしこたま飲んだから、もしかしたら彼の懸念通り風邪を引いてしまったのかもしれない。



瞼は重く、体もダルい。

けれど、その掌の気持ち良さに癒されている気もする。



折角の旅行なのに、二日目に風邪と二日酔いなんて、とぼやける意識の中で考えた。

確実に、今日という日は潰れてしまうだろう。

あぁ勿体ない、本当に。



でも、それでもこうして傍に居てくれる人がいるんだと思うだけで、少しだけ目が熱くなった。



「ごめんね子龍兄…あと、ありがと…」

「うん、分かっている。私はここにいるから。
 もうすぐ、孟起も起きて来るだろう。
 だから、今は…眠りなさい」